タグ:

何を目的として勉強させるのか?

是非、考えていただきたいのは、
「何を目的として勉強をさせるのか」ということ。
もしも、何らかの理由で大量な問題を「こなす」ことを目的としているなら、
手当り次第、問題集を問いていくことは重要かもしれません。
しかし、苦手を克服したり、力をつけたり、
更には受験のための勉強であるなら、
量をこなすことにはさほど意味がないと感じます。
それ以上に、じっくり取り組み、「分かった」経験を重ねていくことの方が、
ずっと大切なのではないでしょうか。

恐らく今、感じていらっしゃる不安は、
「手元にやりきれていない問題集」があることからくるもの。
目の前に、やっていない問題集が積み上がっていれば、
「できていない」ことが気になるのは当然です。
「量をこなすこと」に特段意味がないのであれば、
余計なものは手元におかず、一つのことを信じる勇気を持つことの方が、
良い成果につながると感じます。

もしもお子さんまでもが、
「こんなに問題集があるのに全然できていない」と、
ありすぎからくる消化不良感を感じているなら、それは逆効果です。
「できていない」ではなく、「できた」、「終わった」を経験させる方が、
圧倒的に実力となるはずです。
そもそも、その方が楽しいですよね!

塾の教材は、受験というゴールまで見通しをたてて作り込まれています。
信じてついていく、そして、できたところに目を向けていく…。
安定した気持ちで勉強に臨むことが、
最高の成果への一番の近道と言えるでしょう。
とはいえ、どうしても不安なら…、
塾の先生に聞いてみるといいと思います。
きっと、納得感ある回答をいただけると思いますよ。