【今回のご質問】
子どもには、自分らしい人生を歩んでもらいたいと思っています。なので、自分で好きなことを見つけて、自分で突き進んでいってもらいたいと願っています。
しかし実際には、親に言われなければ動かず、結果私がガミガミ言ってしまうということに…。どうしたらよいでしょうか?

自分らしさって何でしょうか。自分らしい人生を送っている人は、何を持っていますか?ふわっとした言葉を具体的にすることからはじめてみましょう。

最近よく保護者さまから聞く言葉に、「自分らしく生きてほしい」というものがあります。親が無理な方向づけはせず、我が子の主体性を重んじた子育ては、とてもステキだと思います。多様性が重視される社会ならではの、新しい子育て観と言えるのかもしれません。

一方で、「自分らしく生きる」という言葉が形骸化してしまっているのでは…、と感じることもよくあります。自分らしく生きるとは、決して楽をすることではなく、マニュアル通りに生きるより、ずっと責任もあり困難感も伴うもの…。
社会的ルールから逸脱する生き方ではなく、社会の中で自分なりに課題を見つけ、自分で動いていくという生き方、それが自分らしい人生というものなのではないでしょうか。

まずはお母さんの考える「自分らしい生き方」とはどのような生き方か、具体的に書き出してみませんか。自分らしい生き方をしている人には何がありますか?どのような経験が、自分らしい生き方の構成要因となっていますか?書き出す行為で、モヤモヤしている気持ちが可視化され、きっと気持ちがラクになることでしょう。

また、好きを見つけることは、自分らしさの原点です。そのため、お子さんには多様な経験をさせてあげましょう。その際には、お子さんを深く観察してみてください。お子さんはどんな時に集中していますか?どのようなことに没頭していますか?
ご自分の意見は挟まずに、ただお子さんの様子を観察します。きっと新しい発見があることと思います。